林道ツーリング&山登りの楽しみは・・・・

もちろん、食べ物ですね。

今回は、2食分用意していきました。

一食は、山頂食べた愛妻おにぎり+トマトです。

そして、もうひとつは、下山して食べた私的には定番のインスタントラーメン+切り餅です。

クッカーは今回使うのが初めて、内容はメインクッカーとフライパン兼用蓋とシェラカップとプラ皿2枚です。
大きさもラーメン1個作るの丁度サイズです。

ラーメンが出来あがる少し前に、餅を投入・・・ラーメンを食べている間に、餅が丁度いい柔らかさに・・・・

このまま・・・「ワイルドだぜい!」

完食

ティータイム

頂上やアウトドアーで食べる食事は、どんな高級レストランの食事に、ひけを取らない美味しさですね。  

久々に作りました

温泉の番台の受付しつつ・・・・テレビやCDを聞きながら、籠を作ります。

集中すると、もちろん、テレビもCDも聞きません。

100%集中すると、多分、3時間で出来ると思います。

あまり魂を詰めると、肩コリや首凝りになりかねません。

ほどほどが1番ですね。

上から撮るとこんな感じです。

  

林道&登山・・・林道編

昨日の定休日を使って、以前からやりたかった、バイクで林道を走って行けるところまで行って、登山もすると言うミッション
を、ついに実現しました。

コースは、二股林道~甫与志林道~甫与志岳登山~姫門林道~大谷添林道

まずは、肝付町岩屋から入る・・・二股林道ですが、15年ぶりにいったので、入り口を少し迷いましたが、なんとか林道にはいりました。

最初は、杉林の中を走る快適な林道でした。

が・・・・3キロも走らないうちに、忌々しいゲート現れる。
10年前なら、こんなゲートちょろいもの・・・突破、前進・・・とやっていたのですが、御年では、帰れるか心配で、あえなく退却!がけ崩れではないみたいなので、営林署も通してくれればいいのに・・・・残念。

次なる目的の登山に向けて、甫与志林道へ

入口にある神社で、林道ツーリングと登山の安全を祈願して、お参り。

甫与志林道は、登山客の車がしっかり、踏み固めているので、大変はしやすいでした。

渓谷沿いを走るので、とても涼しい!

3キロほど走ると、登山口の駐車場に到着。

これより、甫与志岳登山に行ってきます。

登山は別途ブログで紹介します。

「ただいま!」およそ3時間の登山終えて、帰ってきました。

「ふ~~っ!」結構きつかった。

素敵な自然に乾杯!・・・登山の成功と祝して

結構ばてていたので、このまま帰ろうと思ったけど、林道らしい林道は走っていないので、もう少し走ってみることに・・・

姫門林道・・・・この林道もしばらく走ってないうえに、いつも内之浦側からばかりで、反対からは初めてで、少し戸惑いながら、峠までの舗装のワインディングロードを鼻歌まじり走り、峠からは下りのダートが始まる。
走りやすいけど、下りと言うことで、アクセル全開に出来ないのが、辛い!怖い!

しばらく行くと分岐があり、そこからが、大谷添林道・・・・ず~~っと渓谷に沿って走るので、オーバースピードは、転落の恐れがあるので、慎重に走らなければなりませんでした。

事前の調査で、営林署作業車が多いと聞いていたので、飛ばすこともできず走る。途中、ところどころに溝があり、そのたびに、スタンディングしなければならなくて、登山で疲れているから、なおさらきつかったし、ボーっとしていると、前輪を石に乗り上げて、何度もバランス崩して、転びそうになりました。

林道の途中にこんな素敵な山の神様に出会うことも、出来たことはうれしまったです。

今回の林道ツーリングで感じたことは、体力の衰え・・・一応、登山と併用したと言え、あまりにも、体力がない特に腕力が落ちているので、これからは腕立てなどして、鍛えなおそうそうと思っています。

次回は、海の見える林道に行ってみます。こうご期待を・・・

  

続いて・・・登山編

と言うわけで、林道ツーリング&登山はいささか、だれ(疲れ)ましたが、頑張って書いてみたいと思います。

登山も正月以来と久振りと心踊らせていましたが、トラブル発生!朝から温泉の源泉点検の為、6時から、3時間脚馴らしならぬ脚疲れの軽登山をして、家を出たのが、9:30分・・・林道走ったりして、登山口を出発したのが、11:00でした。

林道入口にある神社に登山の安全と成功を祈願してお参り

登山道入口

その横にはこんな渓谷が

最初の30分ぐらいは、渓谷に沿って、ルンルン気分で・・・涼しくて快適です。

時々、渓流を渡ります。きれいな水は水分補給にもってこいです。

この柱状節理の大岩を過ぎたあたりから、登りになります。全体的に粘土質の登山道で滑りやすい・・・登りより下りが特に滑りやすいので気をつけた方がいいです。

名前も知らない花に励まされながら・・・急坂を登っていきます。ところどころ急な所には、ロープがありたすかりました。

頂上直下の大岩・・・間違って直登してしまいました。

この直後、スズメバチに襲われましたが、静かに自然と一体化して何を逃れました。ここは彼らの領域・・・

オーバーハングの下には祠がありました。

大岩より眼下を見下ろす

あまり長いので、第一部はこのあたりで・・・第二部はいよいよ登頂です。ご期待を!  

甫与志岳登山Ⅱ

大岩の下を左に迂回して、頂上に到着(12:05)丁度1時間かかりました。

ついに967メートルの山頂の道標です。

どんな低い山でも、登頂の喜びは同じです。すごい達成感と征服感でした。

山頂からの展望です。しばしお楽しみください。

頂上での食事は、トマトと愛妻おにぎり・・・うんま!

蝶も美味しいお茶を飲みにやってきました。

トラブル発生!

山頂を歩いていると、どうも脚元でパタパタ音がするので、見てみると・・・・

靴底がぁ~~~~剝れているぅ~~~

よくあること・・・・想定内の出来事なので・・・早速、応急処置・・・いつもは荷造り用テープを持っていましたが、今回は、テーピングを持っていたので、それを巻いて、修理完了・・・帰るまでは持つでしょう!

約1時間ほど頂上で遊んで、下山しました。
途中の展望所に立ち寄り撮影・・・・・・展望所は絶壁の上にありました。もちろん柵もないので、少しスリルもありました。

下りは苦手なので、慎重しているのですが、それでもつるりつるり滑りなんども転びそうになりながら、約30分で下山しました。

少し疲れましたが、楽しい山行でした。

次は、隣の黒尊岳、国見岳か辻岳をと考えています。

いずれもバイク使って行けるところまで、行ってから登る予定です。

  

私も撮ってみました

皆さんと同じように、看板の前で、撮ってみました。

結構、その気になっています。

  

恥ずかしい~~~!

ビックリなんと!

合体ハート

  

久々のお泊りライダー

東京からハーレーで来てくれた国民NO2017番一也さん

エントレンスで

メイン看板の前で

アップで

お疲れさまでした。

気をつけて、いってらっしゃい!

  

明日の試しに。。

明日、休みで天気もよさそうなので、久々に林道を攻めてみようと思い、その小手調べに、近くの林道を走りました。

久々の林道なので、感覚がすぐに戻らなったですが、10分走ると・・・・だいぶ慣れてきたので、少しハードなところ走りました。約30分ほど遊びました。

倒木もありました

結構荒れてました

ここまででした

こんないい所もあります。

なんとも言えない快感!
  

薔薇

音符バラが咲いた。バラが咲いた。真っ赤バラが、寂しかった僕の庭に、バラが咲いた。音符

昔、昔・・・マイク・マキさんが歌った歌です。古い方ならご存じだと思います。

てな訳で、僕の庭にも、バラが咲きました。

小ぶりで、それこそ真っ赤なバラです

もうひとつは、ピンクのバラです。

どちらも、名前は知りません!

ただ、見ていると、なんとなく、癒されますね。