高隈山縦走

一昨日、高隈山系・・・御岳~妻岳~小のがら岳~大のがら岳(いずれも1000mを超える峰です。)を登ってきました。

高隈山は、本土最南端の霊山として、古くから山岳信仰の対象で、多くの修験者が修験の場として使っていました。

今回、昔の修験者(僧)の踏み跡を辿ってみようと思いました。

今回は、四峰でしたが、最終的には、1日で1000mを超える八峰の全山踏破を考えています

そのための前哨戦でもありました。

自分の体力、気力がどれほどあるか試すつもりでもありました。

8時前に5合目のテレビ塔下登山口を出発。

テレビ塔までは、ほとんど階段で、リズムよく登っていった。

天気は快晴で、汗ばむくらいでしたが、程よい風が吹いて、気持ちよかった。


左から横岳、前岳、双子岳、妻岳・おおのがら岳(テレビ塔より)

そこから、いったん下り、尾根づたいに、アップダウンを繰り返しながら、徐々に高度を上げていく。

途中、ロープ、鎖場もありますが、足元もぬかるんでおらず、快適に登ることができた。

8合目には水場がありますが、水量が少ないので、あまり期待しない方がいいと思う。

8合目から先は急登が続く。

約1時間で御岳山頂に到着(御岳1181m) 


左後方妻岳、さらに後方に煙をあげている桜島、右後方がおのがら岳


錦江湾


高隅連山


鹿屋市街地


御岳頂上、高隈連山と桜島

御岳からの急な下りを降りてしばらく平坦な縦走路を歩くと、妻岳分岐点に到着。

そこから妻岳へ・・・・また急は登りが始まる。途中、鎖場もあるがまだまだ元気、一気に登りきる。

妻岳(標高1147m)

山頂にて

山頂の祠に米、塩、焼酎を供えて山行のお祈りしました。

御岳はすぐ近くに見える

遠くに開聞岳を望む

こちらは桜島の噴煙

妻岳からの下りを鎖を掴んで滑るように下りて、また、平坦な道を進むと、スマン峠に、ここは高隈からの登山道、垂水からの登山道、おおのがら、御岳への登山道の交差点である。

ここから先は、踏み跡が少ない、その上、草に覆われているので慎重に進むこととする。

途中から縦走路を外れて、小のがら岳を目指すが、さらに、ブッシュが茂っていて、かき分けかき分け、進むことになる。
地図では10分と書いてあるが、急なのぼりとブッシュのために、意外と時間がかかってしまった。

 このがら岳(標高1149m)

やっと到着するものの、眺望は全く望めない。奥の尖がった山は妻岳

ここでも祠にお詣りする。

また、転げるように下り縦走路に・・・平坦な道を歩いていると、何やら人の声・・・・それも女性?・・・・5人組の熟女さんでした。

すぐに追いつく、「どうぞ」言うことで、先頭を歩くことになる。
元気な熟女さんがぴったりとついてくるではないですか、少し話して、引き離そうとしたのだが、こちらは、妻岳と小のがら岳に登っているので、だいぶ足に来ているので、振り切ることができず、そのまま大のがら岳の頂上まで一緒でした。
人の前を歩くのは、結構疲れた。

12時15分山頂到着

大のがら岳は標高1236.4mで高隈連山での最高峰である。

大ながら岳山頂です。ここには祠はありませんでした。

大のがら岳から高隈連山を望む

錦江湾、桜島を望む

山頂で食事を済ませて、13時出発。

帰りは来た道を、引きかすが、御岳の登りで、ついに足が吊りそうになり、かなりのペースダウンになってしまう。

御岳山頂に再び立ったのは、14:30であった。

10分ほど休憩して、下山。

かなり、膝、腿に疲労が出て、ガクガク・・・普段使わないロープや鎖を使って、転げるように下りる。

登山口に着いたのは、16時前であった。

御岳の下りに1時間以上かかったことになる。

結果は散々でした。

全山踏破するには、体力、気力共にまだまだ力不足であります。

最後の下りで残っているエネルギーが10%ぐらいだったので、これは危険なので、せめて20%以上残るようにしないと思った。

本番までには、しっかりトレーニングする必要があると実感しました。

ただ、年の割には、意外とやれたと少しだけ、自分を褒めてやりました。

さあ~明日からは、さらに厳しいトレーニングをしよう!