花見林道ツーリング

肝付町の岸良に大きな桜はあると聞いたので、内之浦方面の林道を走ってみました。

最初は津房林道です。この林道はいつもは作業車が多いのですが、今回は1度も合わなかった。本当に珍しいです。

全体的にあまり荒れていなくて、走り易かったです。

こんな素敵な滝もあります。

津房林道の動画です。

津房林道を走った後に、一度内之浦に出て、岸良に向かいました。

岸良には、以前仕事でよく来ていました。久しぶりでした。いつもガソリンを入れていたスタンドで給油すると、おばあちゃんが、「4月で閉めるの」と話しかけてきました。
色々、昔話をして、テコテン桜の場所を聞いて探しました。

神社の入口に看板があり、二股に別れていたので、迷わず右すなわち山の方向に行くと、小さな看板はあるものの未舗装の林道を走る羽目になりました。

急に視界が開けると、大きな真っ白な桜が姿をあらわしました。

平成21年に発見されたばかりで、知名度もないので、貸し切り状態でした。

テコテン桜のいわれなど詳しくはこちらをご覧ください。

http://kimotsuki.info/pages/read/staff-blog/post-1155.html

それもそのはず、実はちゃんとした駐車場は下の方にあったのでした。後で知りました

桜の下で、持ってきたバクダンおにぎりとさんまの缶詰を食べました。

昼食を済ませて帰ろうとしたら、下からおじさんが上がってきて、下の駐車場からもきれいだよと言われて、畑の土手をかけ下りると、車10台ほど止められる駐車場があり、売店もありました。

椅子に座っているおばあちゃんと話してみると、なんとこのお婆ちゃんは、この桜の持ち主(船間さん)で、植えてから3代目になるらしい。

樹齢おおよそ200年・・・このおばあちゃんが80歳ぐらいだから計算が合うことになりますね。

素敵な笑顔でした。

動画を撮ってみましたが、解説でテコテン桜を間違えて言っています。あしからず。

桜を見終わって、せっかくここまできたので、荒西林道を走ってみることにしました。

最初は、荒西林道支線です。この林道j走るのも20年ぶりでした。

森林伐採のためかなり整備されて走りやすい、荒西林道本線前の足慣らしに丁度いいですね。

こんな素敵な滝もあります。

途中からさらに支線を5kmほど走ってみましたが、残念ながら行き止まりでした。

その模様を動画に撮ってみました。

支線走り終えて、一服して荒西林道本線へ突入しました。

今回の荒西林道本線の荒れ具合は、中程度でした。ちゃんとラインを見極めれば、スタックすることもなく通過できるレベルでした。

大雨の時は川になりますので、そのあとは、レベルが一気に上がります。

万九郎林道から先は今回は、走りませんでしたが、かなり整備されているようで、舗装化は時間の問題と思われます。

今回のメインはお花見林道ツーリングでしたので、林道は2本しか走れませんでしたが、各所で桜を満喫することができました。

  

吾平地区探索の巻・・・その3

あまり知られていないちょっといいところ紹介します。

神野にある大川内神社です。

神野のはずれにありますが、看板はありますので、わかりやすいです。

ここは、吾平山領の分神社でもあります。

すごく心洗われて、ほっする神社です。

社殿は新しいのですが、神々しさを醸し出されています。

地元住民の方で、できれいに手入れされています。

関係神様の似顔絵が飾られていました。すごくわかりやすいです。

あまにも心地よいので、記念写真撮影させていただきました。

神野地区から見える吾平富士です。

次は、神野地区の近くにある知る人ぞ知られてない名所中の名所の立神です。素晴らしい!(独断と偏見ですが)

横になりましたが、巨岩です。男性のシンボルとしても崇められています。

どっしりした不動岩です。樹が茂りすぎて・・・???

二つ並んだ親子岩どっちが親?

これほど、見事な巨岩信仰の神社ですが、旧道にありその上案内板もないので、見つけにくいです。

是非、探してみてください。

地元の方も存在すら知らなくて、せっかく、遠く訪ねてくる方もいるというのに・・・・・。

宝の持ち腐れのような気がしてなりません。

その上、ちゃんと管理がされてくて、しめ縄は切れたままでした・・・・残念!

  

吾平地区探索の巻・・・その2

洞窟の次は、吾平山領に行きました。

数年ぶりでした。

ウィキペディアによりますと下記の通りです。

吾平山上陵(あいらのやまのうえのみささぎ、あいらさんりょう)は、ウガヤフキアエズ(天津日高日子波限建鵜草葺不合命)とタマヨリビメ(玉依姫)の陵墓。可愛山陵、高屋山上陵とともに神代三山陵の一つ。明治政府により1874年(明治7年)、鵜戸山を流れる姶良川に開いた岩窟「鵜戸窟」内の2つの塚を「吾平山上陵」(現・鹿児島県鹿屋市吾平町上名)に治定した。現在、宮内庁書陵部が管轄している。ただし、その後の1896年(明治29年)にも「鵜戸陵墓参考地」(鵜戸神宮背後の速日峯山上、現・宮崎県日南市宮浦)を定めている。

紅葉の時期にもう一度来てみよう!

さすがに宮内庁管轄、いつでも、きれいにされています。

この橋を昭和天皇、平成天皇が渡って、お参りしたらしいです。

それにしても狭いですよ。

この中には、いったい何があるのだのろ~か?

まだまだ、つづきますよ。

  

吾平地区探索の巻・・・その1

今回は、鹿屋市内の吾平地区の探索をしました。

カトリーヌと一緒です。

まず、市役所吾平支所で情報収集をしました。

最初は、洞窟探検です。

目印はこの石塔です。

黒羽子観光農園を通りすぎて、しばらく行くと、駐車場があったが、林道があったので、そのまま、進入しました。

途中までは4輪の轍があったので、ガンガン進んでいったのだけど、だんだん、道がなくなり、その時点で行き過ぎたと気が付いて引き返す。

引き返すと分岐点があり、そこにバイク止めて、細い道を下っていく。

急な下りがしばらく続いて、谷に降りていく。本当にあるのだろうか?

しばらく下ると洞窟の入り口発見!

入り口には隠れ念仏の案内板があった。

懐中電灯は置いてあるものの全く使いものにならず、持ってきた懐中電灯でGO!

真っ暗の中を懐中電灯の灯を頼りに入っていく。

最初は右の方の穴に進む・・・10mも行かないうちにいき止まり

左の方を見るとぼんやりと・・・・

近くにいってみると、おじぞうさんでした。

手を合わせて、後にしました。

気になったのは、右の洞窟がまだ奥がありそうで今度チャレンジしてみようかな?

次は、吾平山稜にいきます。  

佐多岬ライダーズミーティングその2

大泊キャンプ場~佐多岬駐車場までの佐多岬トロピカルロード往路動画はここをクリック

佐多岬駐車場にて

しばし佐多岬の絶景をどうぞ。

ロマンチック佐多岬

本土最南端・佐多岬灯台

絶景かな絶景かな

撮影ポイント

駐車所にかえると、ライダーズミーティングのライダーたちがやってきた。

かわいこちゃんと

灯台型電話ボックスの前で

駐車場~大泊ゲートまでの復路動画はここをクリック

駐車場~展望台まで徒歩の動画はここをクリックしてください。さらにその先はここをクリックしてください  

佐多岬ライダーズミーティングその1

7月13~14日にかけて、佐多・大泊キャンプ場でありましたライダーズミィーティングと林道ミニツーリングの様子をアップします。

13日は6時半にカトリーヌにキャンプ用品を積んで、プラグポイントを出発しました。

どうして、こんなに早く出たと言いますと、南大隅町の歴史研究会に入っていて、将来南大隅・佐多岬の観光ガイドを育成するための研修があったからです。7時半から9時半まで、南州公宿泊所と八坂神社の説明をしました。

9時半に友達と待ち合わせして、大泊キャンプ場に、テントを張って荷物を置いて、林道を走りに行く。

佐多林道にて

花鹿倉林道入り口にて

やはり、佐多の林道はすごい、猪、タヌキ、蛇、サル、キジ・・・・野生動物でいっぱいでした。

夏は伐採作業もなくて、走りやすいのですが、ブッシュが多くて視界が悪い。

昼食をサタデーランドで食べて、キャンプ場に。

キャンプ場ついてしばらくすると、みんなが集まってきて、海岸で薪を拾って、バーベキューの準備をする。

それにしても、海岸はゴミだらけ、何とかしないといけない・・・・後日、ゴミ拾いに行こうと計画していましたが、なんと佐多岬ホテルに泊まった観光客の団体の皆さんが、拾ってくれたという情報が入った。ありがたいこと感謝したと共に、恥ずかしい思いでいっぱいでした。
行政も我々もしっかりこの現状受け止めて、対処しなけらばならないとつくづく感じた。

それはさておいて、いよいよBBQが始まって、飲んで食べて、語って、楽しい一晩でした。

次の朝は、暑くならないうちに佐多岬に出発した。

その2に続く

  

特攻花

この花の名前をご存知でしょうか?

この花は、この辺りでは、通称「特攻花」と言われています。(正式名称は天人菊)

いわれは、この時期から夏にかけて咲く花で、鹿屋や知覧から飛び立つ特攻隊員に、女学生が捧げたとされています。

家の周りにいっぱい咲いていて、思わず、行ってみたくなるのが、鹿屋航空基地資料館です。

特攻記念館は、知覧も有名ですが、こちらは、昔、現代が程よくミックスされています。

何度、読んでも、涙、涙・・・涙腺のゆるい私は、目がはれてしまいます。

今回一番感動した遺言手紙の中の遺文は「母上だけは、散り行く私を褒めてやってください。惜しんでください」の下りでした。

どんなに強がっても、まだまだ、子供・・・母親だけにはきっと甘えたかったんだろ~なと思いました。

ゼロ戦のレプリカも展示してあります。

ちなみの今日の「笑っていいとも」のゲストで来ていたトム・クルーズとタモリの会話の中で、動く状態でアメリカに何台か残っていると話していました。

ここの記念館の特徴は、現代の自衛隊の物も展示してあります。

コクピットのみも展示してあります。思わず、座ってその気になってご満悦しています。

少し、ナーバスになっていた気持ちも、吹っ飛んでしまいました。

また、外周りにには、庭園があったり、色々な飛行機も展示してありますし、おみやげ販売店もあります。

近くの人も、遠くから来られる人も、一度、是非寄ってみてください。

GW中は遠くにはいけませんでしたが、近くを散策しました。

ちなみに、特攻花はもう少し赤みがかった花とも言われていますが、どちらでもいいこと。

どのような思いで、若者達は散りいったのか・・・思いをはせてみるのもいいではないでしょうか!  

地元人もあまり行ったことのない隠れた名所

今日は、意外と行ったことのない鹿屋の隠れた名所に行ってきました。

市役所の隣にある「鉄道記念館」です。

私も10年以上ぶりに行きました。

鉄道マニア必見!

案内してくれた駅長さんに、「切符がください」と言うと、旧国鉄の切符を今日の日付とパンチを入れて渡してくれました。

これはいい記念になりますよ。

もちろん、駅長さんが詳しく説明してくれます。
無料
AM9:00~PM4:30
毎週月曜日休館

多分、乗ったことある人も多いと思います。
たいへん懐かしいですよ。

一度、行って見てはどうでしょうか。

  

温かい風に誘われて

昨日、いい天気でしたので、ぶらりと、カトリーヌと一緒に海岸通りを走ってみました。

風は強かったのですが、そんなに寒くなかったです。

最初は高須の町の中にある波之上神社です。

非常に貴重な板碑

すぐ近くに川津神社がありましたので、お参りしました。

さらに、走ると前から気になっていたバイク屋さん・・・・GOOD SPEED
最初は奥さんが出て来られて、色々、バイク談義。

お店の中で、ご主人とさらに、盛り上がりバイク談義。
オフロードであろうが、ハーレーであろうが、バイク好きはみんな同じですね。

ハーレーでもこれなら、乗りたいと思いました。

さらに走ると

学問の神様・・・菅原道真の祭ってある荒平天神。

一気にスロープの下りて、海岸まで・・・・危うく砂浜で脱出不能となるところだった。

海岸をバックに1ショット。

最後は、高千穂神社

ここが本来の正面ですが、上に駐車場と公園があるため、裏からお参りするため、使用する人もいなくて、コケむしていて、すごくいい感じですね。

本殿はこちら

本殿には3匹の守り猫ちゃんがいました。

その内の1匹に大変好かれて、しばらく遊びました。

残念だったことは、御神木が老朽化のため、無残に切り倒されていたことです。

涙が出てきて、思わず、幹を撫でてやりました。「長い間ご苦労様」と言いながら。

新しい御神木にお参りして、帰りました。

時間が少しあったので、FBのお友達2人とあってきました。

今回は三社参りならぬ四社参りとなりました。

手術の成功と早期回復を祈願してきました。

  

ラッキーな出来事

昨日、南大隅町の雄川の滝に行ってきました。

放水していたので、それは凄い勢いで、落ちていました。

横から、小さい滝もなかなかです。

渓谷です。

残念なことは、駐車場までの道が狭くて、軽でないと結構大変です。